閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年8月9日 シドニー 永井正博

BHP Billiton、発展途上国での探鉱に重点

 地元紙等によると、BHP Billitonの探査担当副社長のIan Maxwell氏は、鉱物資源探鉱は最初に行動したものに利益があるという考えに基づき、今後はオーストラリアのような伝統的鉱産国よりも発展途上国で探鉱を展開すると述べた。
 BHP Billitonは、現在、ロシア、アンゴラ、コンゴ民主共和国で探査を実施している。コンゴ民主共和国は、以前は政治的不安定地域でインフラストラクチャに限界があり、リスクの高い国と考えられていた。BHP Billitonは、2005年度、探鉱にオーストラリアの探鉱支出の20%に当たる200百万US$を支出している。

ページトップへ