閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2006年8月15日 北京 土屋春明

中国有色鉱業集団公司、モンゴル・Tumurtin-Obo亜鉛鉱山から大幅収益

 安泰科によれば、中国有色鉱業集団公司は2006年上期においてモンゴルTumurtin-Obo亜鉛鉱山から約2,400万US$の税引き前利益を得たと発表した。Tumurtin-Obo亜鉛鉱山は、2006年上期において亜鉛精鉱20,300t(金属量)を生産した。同鉱山は、2005年8月28日より操業を開始し、2006年6月30日までに亜鉛精鉱31,000t(金属量)を生産した。その結果、操業以来、約2,700万US$の税引き後利益を得ている。生産された亜鉛精鉱は全量中国に販売されている。同鉱山の建設と生産により、モンゴルのGDPは2%増となった。
 Tumurtin-Obo亜鉛鉱山は、中国有色鉱業集団公司傘下の中国有色鉱業有限公司とモンゴル政府との合資企業により開発された鉱山である。可採埋蔵鉱量は103万t(亜鉛金属量)で、亜鉛の平均品は12-13%である。同鉱山の生産計画は、採掘量30万t/年、亜鉛生産量3.6万t/年である。

ページトップへ