閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年8月21日 シドニー 永井正博

豪州・Minnie Creekウランプロジェクト、Aurora社が、ウラン品位高上を発表

 地元紙等によると、Aurora Minerals社(本社パース、以下Aurora社)は、西オーストラリア州のMinnie Creekのサンプル採取調査の結果、ウランはカルクリート※層に胚胎し、品位はU3O8 0.15%であったことを発表した。
 同地域の1970年代の探鉱レポートによるとウラン品位はU3O8 0.03~0.07%であった。Aurora社のMinnie Creekと Yannarieプロジェクトは、BHP BillitonのYeelirrie鉱床(U3O8含有量52千t)と同じ地層に属しており、Paladin Resource社のManyingee鉱床(U3O8含有量12千t)の南に位置している。
※ カルクリート(Calcreta):乾燥地域の石灰質土壌

ページトップへ