閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2006年8月23日 リマ 西川信康

ボリビア・San Vicente銀・亜鉛鉱山、出鉱開始

 業界紙等によると、ボリビア鉱山公社(COMIBOL 45%)とPan American Silver社(加)(55%)の合弁企業であるEmusaは、同国ポトシ県にあるSan Vicente銀・亜鉛鉱山の生産を開始したことを明らかにした。現在の粗鉱量は、400t/日。年間250万ozの銀の生産を見込んでいるという。同鉱山の鉱量は240万t(銀品位383g/t、亜鉛品位4.4%)。同鉱山は、1972年よりCOMIBOLによって生産されていたが、1993年に採掘が中止され、その後、2003年にPan American Silver社が本格参入し、鉱山拡張に向けた探鉱やFS調査を行っていた。

ページトップへ