閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年8月29日 サンティアゴ 中山 健

チリ・Falconbridge社、チリ第XI州で水力発電

 8月25日付け地元紙等によると、非鉄メジャーのFalconbridge社は、チリ第XI州のRio Cuervo水力発電所建設計画を環境影響調査に先立ちチリ水資源総局(DGA)に提出した。それによると、チリ第XI州のスペイン資本のEndesa社Aysen水力発電プロジェクトに隣接しており、6億US$の投資が見込まれている。完成すればチリ中央グリッド(SIC)に連結されることになる。Falconbridge社はチリ国内に、Rio Blanco(360MW)とRio Condor(54MW)の水力発電所を有している。

ページトップへ