閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年8月29日 北京 土屋春明

中国・広東省四会市に大型リサイクル基地を建設中

 安泰科によれば、関係者の話として、現在、広東省四会市に金属スクラップの大型リサイクル基地を建設中であるとのことである。このプロジェクトは国家発展改革委員会の承認を得ている。このリサイクル基地は、輸入金属スクラップをリサイクルする国の先進的産業基地として位置づけられている。
 最近、国内外の企業にこのプロジェクトに参画を呼びかけるための説明会が開催された。海外からは、英国、フランス、ドイツ、オーストラリア及び韓国などから28の企業が参加している。
 このプロジェクトが開始されれば、年間150万tの金属スクラップが処理され、二次プラスチック130,000t、アルミスクラップ150,000t、銅スクラップ450,000t及び鉄スクラップ750,000tが分別される。

ページトップへ