閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年8月29日 シドニー 久保田博志

豪州・Straits Resources社、2007年利益上方修正

 中堅の石炭・銅鉱山会社のStraits Resources Limited(本社パース、以下Straits社)は、8月28日、2006年度6月末半期の税引き後純利益が44.3百万A$(前年同期10.4百万A$)に達する半期財務報告を発表した。
 Straits社の好調な半期報告を受けて、市場関係者は、2007年度純利益は発表当初予想の76百万A$から上方修正した107百万A$を更に上回る可能性があると見ている。
 Straits社の好調の要因は、銅価格の高騰とSebuku石炭鉱山(インドネシア)での記録的な生産(1.75百万t/半期)にある。同社の銅の55%はスポット価格よりも安い長期契約価格により取引されているが、2007年にはその割合は30%に下がることから、銅価格高騰の恩恵を更に受けると見られている。

ページトップへ