閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年8月30日 シドニー 永井正博

豪州・Prominent Hill銅・金鉱山、Oxiana社が開発決定

 Oxiana社(本社メルボルン)は、南オーストラリア州のProminent Hill銅・金鉱山の開発を正式に決定したと発表した。
 Prominent Hillの銅・金鉱山の開発は、資材と労働コストの上昇により慎重に検討されてきたが、2005年の算定額530百万A$を46%上回る775百万A$を、露天掘り鉱山建設に投資することになる。
 Prominent Hill鉱山は、南オーストラリア州、Olympic Dam鉱山から120km、Coober Pedy の近くに位置する。鉱山建設は直ちに着手され、2008年第3四半期に最初の商業生産を計画している。同鉱山は2001年に発見され、鉱床の規模から「10年に一度の発見」と言われている。鉱床のポテンシャルの全容は未だ不明であるが、鉱物資源量は、角礫岩ゾーン:118.7百万t、品位は銅1.3%、金0.5g/t、金属含有量は銅1.54百万t、金1.87百万oz。東部金鉱床ゾーン:22.5百万t、品位は金1.24g/t、金属含有量は金0.9百万oz。鉱山建設のため、推定800人の労働者が2年間にわたり雇用され、また400人の長期滞在の労働者のため半ば恒久的な宿泊基地の建設が計画されている。
  一方で、南オーストラリア州のSandra Kanck議員は、Oxiana社が鉱山建設期間に使用する水について懸念を表明しており、地下水を保護することが必要であると強調している。

ページトップへ