閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年8月30日 シドニー 永井正博

カナダ・sxr Uranium One社、豪州のHoneymoonウラン鉱山開発へ

 sxr Uranium One社(本社トロント、以下Uranium One社)は、南オーストラリア州のHoneymoonプロジェクト開発を承認したと発表した。今後2年間で54百万A$を投資し、2008年に生産開始が期待されている。
 Honeymoonウラン鉱床は34年前に発見され、Uranium One社は、20年間の採掘リースを取得している。Honeymoonプロジェクトは、オーストラリア最小のウラン鉱山となる予定で、労働者50名、U3O8生産能力400t/年、鉱山寿命は6-7年と見られている。
 2004年のFSを見直した結果、概則鉱物資源量がU3O8、0.24%で、1.2百万t。U3O8量で2,900tと見込まれている。資源量はUranium One社が、薄層や低品位の鉱量をIn-Situ Leachingが受け入れられるように除外したため、12%減少している。
 また、Uranium One社は、南アでDominionウランプロジェクトを開発中であり、その資源量は概則鉱物資源量が47.5百万lb、予測鉱物資源量が199.2百万lbあると推定されている。

ページトップへ