閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年9月4日 シドニー 久保田博志

豪州・BHP Billiton社、Olympic Dam鉱山死亡事故で罰金

 BHP Billiton社(本社メルボルン/ロンドン)は、9月1日、南オーストラリア州労働関係裁判所において2006年7月にOlympic Dam銅・金・ウラン鉱山(南オーストラリア州)で発生した死亡事故に関して、153,000A$の罰金を言い渡された。
 事故は、7月、地下500mの坑内での坑道掘削中の爆発事故で作業員1名が死亡したもの。
 裁判所は、BHP Billiton社に対して職場安全システム、安全職場環境、安全情報提供に過失があったとしている。BHP Billiton社に対しては、被害者の従業員家族に20,000A$の損害賠償金の支払い命令が既に下されている。

ページトップへ