閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年9月5日 リマ 西川信康

ボリビア・鉱業冶金大臣、ボリビアの鉱業再生には13億$の投資が必要

 業界紙等によると、ワルテル・ビジャロエル鉱業冶金大臣は、同国の鉱業がかつての最盛期のレベルに復活し、雇用を拡大するには、今後少なくとも13億$の投資が必要との見解を示した。同大臣は、政府及び鉱山公社(COMIBOL)が外国の鉱山会社に対して法的安定性を示し、投資の保証を行うことでこの資金を得ることは達成可能であるとしている。
 エボ・モラレス大統領は鉱山公社(COMIBOL)の復活を含めた鉱業再生計画を打ち出しているが、全ての鉱山開発事業には確実な外国からの投資が必要であるという認識を示している一方、大企業が鉱山事業から得られる利益を独占することは許されず、国、地方への適切な還元が必要であると主張している。

ページトップへ