閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年9月13日 ジャカルタ 池田 肇

インドネシア・グラスベルク鉱山、Freeport社の車両に発砲

 地方紙等によれば9月3日、パプア州Mimika県Timikaにあるグラスベルク鉱山に向かう幹線道路で、Freeport Indonesia社の警備員の車両が何者かにより発砲を受けたことを明らかにした。パプア州警報道局によると、発砲した武装グループは複数で現在、発砲を受けた幹線道路周辺で追跡をしていると述べ、動機や犯人像は不明とした上で、治安上の混乱を狙ったものとの見解を示している。
 2002年、同社敷地内のインターナショナルスクールの米国人教師ら3人が殺害された事件が発生、現在、独立派武装組織「自由パプア運動」の7人が殺人罪で起訴され裁判中である。今回の発砲現場は、米国人教師の殺害現場から8kmほど離れた場所という。

ページトップへ