閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年9月14日 リマ 西川信康

エクアドル・Quimsacocha金探鉱プロジェクト、2010年に生産開始の見通し

 IAMGOLD(カナダ)社は、同社ホームページで、エクアドルで同社が保有しているQuimsacocha金探鉱プロジェクトの進捗について、2010年に年間20万ozの金を生産する見通しであることを明らかにした。現在、プレF/Sを実施中で、本格的なF/Sの終了時期は2008年前半、約1年半の鉱山建設を経て、2010年に生産開始というシナリオになるという。開発費は137~264百万$、キャッシュコストは200$/ozでマインライフは8年を想定している。
 同プロジェクトは、エクアドル中南部のCuenca市近郊に位置し、浅熱水性の金、銀、銅鉱床。同社によると、鉱量(Indicated)は、22.5百万t、平均品位は金3.9g/t、銀25g/t、銅0.16%となっている。

ページトップへ