閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年9月15日 シドニー 永井正博

豪州・Alcoa社、Wagerupアルミナ製造所拡張計画の環境承認を受ける

 西オーストラリア州政府は、Alcoa社の15億A$のWagerup アルミナ製造所の拡張計画に対し、9月14日、環境面での承認を与えた。
 Wagerup精錬所が拡張されれば、生産能力が2.4百万t/年から4.7百万t/年となり世界一のアルミナ製造所となる。建設は2年半かかり、現在の西オーストラリア州の厳しい熟練工不足の中で1,500人の労働者を必要とする。Alcoa社は、転居を希望している製造所近傍住民の土地家屋を購入するという移住計画に合意している。しかし完全解決を求めるYarloopの地域共同体連合は、提案は不適当だと主張している。

ページトップへ