閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年9月19日 サンティアゴ 平井浩二

アルゼンチン・Northern Orion社、地元コミュニティーと合意協定書を締結

 9月11日付地元紙等の報道によると、Agua Rica鉱床の権益を100%有するNorthern Orion社は、同鉱床が位置するAndalgala地域の地元コミュニティーとAgua Rica鉱床開発に係る合意協定書を締結した。
 同協定書によれば、Northern Orion社は地元コミュニティーに対し、Agua Rica鉱床とその周辺地域の環境マネージメントに関する情報を全て提供する。また、両者は地元住民の雇用・訓練や社会開発についても合意しており、Northern Orion社は、Andalgala地域で鉱山活動を行う間、総額145,000US$の社会開発プロジェクトを実施することとなる。
 同社のMario Juarez鉱山技術部長によれば、Agua Rica鉱床はボードメンバーの承認とファイナンシング条件が整えば、2008年より開発を開始する予定で、オープンピットの建設に3年を見込んでいる。

ページトップへ