閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年9月20日 リマ 西川信康

ペルー・7月の鉱産物輸出額、75%増

 ペルー輸出促進庁によると、ペルーの7月の鉱産物の総輸出額は、前年同期比74.7%増の13.5億ドルに達したことが明らかとなった。1月から7月の累計では、48.7%増の74.6億$で、これは、ペルー全体の貿易輸出額の59.6%を占めている。好調の理由は、金属価格の高騰に加え、生産量も前年比で8.7%伸びていることによる。
 内訳は、7月の銅の輸出額は前年同期比158%増の6.69億$、1月~7月の累計では、83.3%増の30.03億$。金は7月では41.1%増の3.33億$、累計では23.0億$。亜鉛は7月では213%増の1.52億$、累計では99%増の8.72億$。鉛は7月では62.5%増の7.74千万$、累計では32.4%増の3.39億$となっている。輸出先のシェアは米国23.1%、スイス11.3%、カナダ10.8%の順。

ページトップへ