閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年9月20日 リマ 西川信康

ペルー・8月の鉱産物輸出額は44%増

 輸出促進庁によると、ペルーの8月の鉱産物の総輸出額は、前年同期比44.1%増の11.2億$に達した。内訳は、銅が96.1%増の4.93億$、金が2.1%減の2.5億$、亜鉛が155%増の1.98億$などとなっている。
 1月から8月の累計では、84.6億$で、銅が85.3%増の35.3億$、金が46.3%増の25.5億$、亜鉛が107%増の10.7億$などとなっており、ペルー全体の貿易輸出額の59.6%を占めている。
 一方、非金属については、8月の輸出額は7.5%減の13百万$と低調だったものの、1月から8月の累計では、13.3%増の1.06億$と堅調に推移している。

ページトップへ