閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年9月21日 メキシコ 権藤 浩

メキシコ・San Sebastian多金属鉱山、ヘクラ社(米国)が銀埋蔵鉱量約227tを捕捉

 米国アイダホに本社を置くヘクラ(Hecla Mining)社HP(9月11日付)等によると、同社は、メキシコのサン・セバスティアン(San Sebastian)多金属鉱山で、金と銀を合算して銀換算した埋蔵鉱量が、2005年と比較して2倍の約227tに達したと発表した。
 同鉱山は、メキシコ・ドゥランゴ州北東約90kmに位置する。同社は、面積約518km2の鉱区を保有し、2005年生産量は、銀20tおよび金486kgである。
 今回捕捉した埋蔵鉱量は、大部分が2005年から2006年に実施したHugh地区の追加ボーリングによる。また、銀227tの他に、亜鉛、鉛および銅を合算した埋蔵鉱量約113千tも捕捉したが、この捕捉量算出には、銀8.00US$/oz、金500.00US$/oz、亜鉛0.67US$/lb、鉛0.42US$/lbおよび銅2.00US$/lbを採用した。

ページトップへ