閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年9月26日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・CODELCOの請負従業員数5年間に71.7%増

 9月14日付地元紙等は、CODELCOで働く請負企業の従業員数が、過去5年間で、71.7%増加したと報道している。
 CODELCOが公表したデータによると、生産現場および新規プロジェクトで働く請負企業の従業員数は2005年末現在で32,800名に達しており、これは2001年末の19,119名に比べ、71.7%増加している。特に増加数の多いのが生産部門で、2001年末に13,770名であったものが、2005年末には24,951名と81.2%増加している。これに対し、現在の直轄従業員数は17,880名であり、1990年代初めの約26,000名から、約30%減少したことになる。
 CODELCOは請負従業員の増加は生産量の増加や、新規プロジェクト数の増加によるものであると説明しているが、直轄従業員を減らし請負従業員を増やしているのは、明らかにコスト低減のためであり、最近は多くの鉱山会社が同じ対策を取っている。

ページトップへ