閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2006年9月27日 シドニー 永井正博

豪州・タスマニアでAllegiance社がSaxonニッケル新鉱床発見

 Allegiance Mining NL社(本社シドニー、以下Allegiance社)は、タスマニアでAveburyニッケル鉱山を開発しようとしているが、9月25日、Avebury鉱山から800m東のSaxonで新しい硫化ニッケルの鉱床を発見したと公表した。
 Saxon鉱床のボーリングでは、深さ290mの地点でコア長8m、品位ニッケル1.2%とコア長4m、品位ニッケル1.2%を捕捉している。Saxon鉱床の発見は、Allegiance社が、Aveburyニッケル地域で、更なるニッケル発見の可能性を秘めた2つ目のニッケル鉱山を所有することになる。
 Allegiance社は、2006年初め、中国最大のニッケル生産会社であるJinchuan Nickel Group Ltd.(以下Jinchuan社)と約13億A$のAvebury鉱山のニッケル精鉱の購入契約を結んだ。新しい鉱山がオープンしたらJinchuan社はその鉱山からも同様にニッケル精鉱を購入することになる。
 また、Allegiance社は、Bluestone Tin Ltd.(本社パース、以下Bluestone社)とニッケル精鉱の生産を開始するために、タスマニアのRenison BellにあるBluestone社の鉱石処理施設をの一部をリースする契約の交渉をしている。

ページトップへ