閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2006年9月28日 シドニー 永井正博

豪州・Rusal社(ロシア)、クイーンズランドに発電所とアルミニウム製錬所建設

 ロシアのアルミニウム会社のRusal社は、クイーンズランド州政府と計画中のアルミニウム製錬所に電力を供給するため、発電所を建設する交渉を行っている。
 アルミニウム製錬所と発電所の総合投資額は35億A$と見込まれている。Rusal社は、クイーンズランドの石炭、コール・シーム・ガス(CSG)とPNGの天然ガスを燃料とした、500~1,100MWの能力の発電所建設を計画している。
 Rusal社は、2005年5月に、世界最大のクイーンズランドのGladstonアルミナ精錬所の20%を買収し、2013年まで、アルミニウム5百万t/年、アルミナ80万t/年の生産を目標としている。

ページトップへ