閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年9月28日 シドニー 永井正博

カンボジア政府、Southern Gold社(豪州)に探鉱権の許可

 Southern Gold社(本社南オーストラリア州)は、カンボジア鉱業エネルギー省とカンボジア東部のKratie県とMondulkiri県で4つの鉱区にかかるMOUを締結したと公表した。
 Southern Gold社は、959km2にわたるこれら鉱区の100%の権益を持つことになる。鉱区は、金とベースメタルが賦存する可能性が高いと考えられている。この地域で集められたサンプルの分析結果では、Au 34g/t、Cu 3%、Pb 20%、Zn 18%の高い数値が得られている。
 カンボジア政府とのMOUでは、当初6か月の期間、初期探鉱することが許され、その後、探鉱・開発の期間を交渉することとなっている。

ページトップへ