閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年10月3日 リマ 西川信康

ペルー・Magistral銅鉱山開発プロジェクト、F/Sの最終段階に

 ペルー北部アンカッシュ県にあるMagistral銅鉱山開発プロジェクトについて、同権益を保有するカナダのジュニア企業Inca Pacific Resourcesは同社のホームページで、同プロジェクトはF/Sの最終段階に入ったことを明らかにした。2007年第3四半期までに、鉱山デザインや、開発工事計画、環境対策など、最終的なF/Sを終了し、2008年3月までに環境影響調査の許可を得たい考え。順調に行けば2010の第1四半期に生産が開始される見込み。
 同社によると、同プロジェクトは、開発費用2.65億$、年間銅生産量31,000t、モリブデン2,500tで、マインライフは16年となっている。

ページトップへ