閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年10月4日 シドニー 永井正博

豪州・Marengo社、PNGでYanderaプロジェクトのプレFS開始

 Marengo Mining Ltd.(本社パース、以下Marengo社)は、PNGでYandera銅・モリブデンプロジェクトの予測資源量が371百万tであり、プレFSを開始したことを公表した。
 Yanderaプロジェクトの、予測資源量は、371百万t、品位Cu換算0.49%、銅換算金属量1.8百万tで、現在の銅価格で140億US$の価値があるとしている。
 これらの結果は、1970年代にBHP Billitonによって行われた98本のボーリングとMarengo社によって実施された13本のボーリングのうち7本をベースにしている。代表的なボーリング結果は、12m~252m地点のコア長240mにわたるCu 0.89%の鉱化帯である。
 Marengo社のCEOのLes Emery氏は、Yanderaプロジェクトは世界的規模のポテンシャルを有し、鉱山寿命は少なくとも20年、うまくいけば50年あると述べた。

ページトップへ