閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年10月5日 ロンドン 高橋健一

ロシア・RCC社、2010年までにカザフスタンに総額4.4億US$の銅生産に係る設備投資を計画

 報道各社によれば、ロンア第3位の銅生産者であるRussian Copper Company(以下「RCC社」)は、カザフスタンでの銅関連の設備投資として、2010年までに440百万US$の投資を計画している。RCC社は、これまでに、Kazakhmys社(カザフスタン)とのJVプロジェクトであるカザフ西部Aktobe地域のOctober 50銅鉱床開発プロジェクトに2.1億US$の投資を行ってきており、2006年9月に、年間鉱石処理量2.5百万tの選鉱プラントが始動している。加えて、2008年までに年間鉱石処理量を4.5百万tに引上げるため、第2の選鉱プラント建設を投資額1.8億US$で計画している。プラントへは現在建設中のVasenneye-Aralchinskoye鉱山から、少なくとも年間50万tの銅・亜鉛鉱石の供給が予定されており、鉱山への投資額は5千万US$で、2009年の生産開始を目指している。

ページトップへ