閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト
2006年10月9日 シドニー 久保田博志

豪州・NSW州Pulganbarで、Central West Gold社が、高品位コバルト鉱床捕捉

 Central West Gold NL社(本社シドニー)は、9月27日、Pulganbar(ニューサウスウェルズ州)で実施したボーリングの結果、高品位コバルト鉱床が存在する可能性を捉えたと発表した。
 同社は、コバルトの土壌地化学探査異常に対して実施したRCボーリング2孔において、3か所で幅1m・コバルト品位1%以上(最高3.69%)、9か所でコバルト品位0.25~1.0%・銅品位1.82%・金品位1.6g/t(いずれも最高品位)を得たもので、鉱化帯は幅1mで少なくとも深さ95mまで続いていると解釈している。傾きはほぼ垂直、走向は不明確とのこと。
 同鉱床は高品位コバルトの分析記録はあるが、採掘は1870年代に小規模に行われたのみ。

ページトップへ