閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年10月10日 バンクーバー 大野隆幸

カナダBC州の鉱業関係代表者がオタワで新規探鉱プロジェクト許可手続きの効率化を求める

 カナダBC州のBill Bennett鉱業大臣をはじめとする、BC州鉱業界の代表者が、10月3日、首都オタワにおいて、カナダ連邦政府のGary Lunn 天然資源大臣及びLoyora Hearn海洋水産大臣を訪問し、探鉱新規プロジェクト開発許可手続きの効率化を求めた。訪問者は、同鉱業大臣以外に、Michael Mcphie BC州鉱業協会(BC Mining Association)会長、Dan Jepsen BC州探鉱協会(Association of Mineral Exploration of BC)会長、Allen Wrightカナダ石炭協会(Canadian Coal Association)事務局長ら。
 これに先立ち、9月28日、連邦Gary Lunn天然資源大臣は、バンクーバーにおいてBC州鉱物資源探査協会主催の講演会で、探鉱開発プロジェクト許可手続きの効率化のため、審査窓口の一元化、検討期限の明示、州政府と連邦政府との役割の一層の明確化等の重要性について述べており、今回の陳情に対し連邦政府も前向きな姿勢を示している。現在の手続きでは、州政府による許可手続きのほか、連邦天然資源省、環境省、海洋水産省などの連邦政府による複数の許認可が必要であり、連邦側の許可を得るために、場合によっては数年を要することもある。BC州では現在、25プロジェクト(資本投下額40億C$以上)の許可申請を受けており、早急な対応が求められている。

ページトップへ