閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2006年10月10日 北京 土屋春明

中国・国営企業、多くの海外大規模エネルギー・非鉄金属資源開発契約に調印

 安泰科によれば、2006年上半期、国営企業が次々と国際市場を開拓し、特にエネルギー、非鉄資源分野で、実力のある国営企業が多くの大規模海外エネルギー・鉱物資源開発契約を締結した。これは、国務院国家資産監督管理委員会主任李栄融が国営企業の責任者会議で明らかにしたもので、国営企業が国際市場のリスクを十分に分析し、国際市場のルールに基づき、海外のエネルギー・鉱物資源を積極的に開発利用するという中国政府の政策に基づいたものである。
 エネルギー資源分野では、中国石油化学株式有限公司がエクアドル、イラン、ナイジェリアなど海外石油・天然ガス資源開発契約を締結した。中国石油天然ガス集団公司が新たに海外資源開発契約7件を締結し、海外投資業務が23か国に増加した。中国海洋石油総公司はナイジェリアの石油・天然ガスプロジェクトを買収した。
 鉱物資源開発分野では、MinmetalsがチリのCodelcoと共同で銅資源を開発し、チリから中国に15年間で約85万tの電解銅を供給する契約を締結した。有色金属鉱業集団は海外非鉄金属資源の開発を速め、現在、ザンビア、モンゴル、ミャンマーに銅、亜鉛、ニッケル、コバルト等埋蔵量700万tを保有するに至っている。

ページトップへ