閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年10月11日 リマ 西川信康

エクアドル・Rio Blanco金鉱山、2008年第2四半期生産開始見込み

 米国のジュニア企業International Minerals社(IMC)は、10月11日付けプレスリリースで、同社が所有するRio Blanco金プロジェクトの生産開始は2008年第2四半期になる見込みであることを明らかにした。現在、F/S段階であるが、年内に環境影響調査を終え、2007年第2四半期に政府の承認を得て、開発工事に着手する予定。開発投資額は60百万$。
 本プロジェクトは、エクアドル中南部のCuenca市に位置し、Aldejandro鉱床とSan Luis鉱床からなり、鉱量は2.15百万tで、金量605,000oz(平均品位8.8g/t)、銀量4.31百万oz(平均品位62g/t)。生産は、粗鉱量800t/日の坑内掘りで年間金66,000oz、銀410,000ozを計画している。

ページトップへ