閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年10月17日 北京 土屋春明

中国・内モンゴル赤峰市、銅産業急速に発展

 安泰科によれば、関係者の話ではここ数年、内モンゴル赤峰市の銅産業は、豊富に存在する銅資源を背景に急速に発展している。
 赤峰金嶺銅業公司は100,000t/年の銅カソード生産プラントの建設を2006年8月から開始し、計画では2007年9月から生産を開始する。赤峰金嶺銅業公司は、現在、30,000t/年の銅ブリスターの生産能力は有しているが、電気銅の生産工程は有していない。
 赤峰市の他の銅製錬会社である赤峰・剣嶺銅業公司は、精錬能力の拡張を計画している。同公司は1,500万US$を投じ、銅カソード生産能力を現在の20,000t/年から60,000t/年に拡張するプロジェクトを展開中で2007年から生産を開始する予定である。
 赤峰市林西県には多くの銅鉱山及び選鉱場が存在している。この地域の鉱物資源探査に対する注目が集まっており、2007年以降生産能力を上げる計画である。
 その他に赤峰市には、エアコン用の銅管を製造する霍林銅業の工場があり、12,000t/年の銅管を生産し、中国の主要なエアコン製造メーカーに販売している。

ページトップへ