閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年10月23日 リマ 西川信康

ペルー・2006年1月~9月の鉱区申請件数、拡大の方向

 ペルー鉱業権・鉱区台帳管理局(INACC)の発表によると、2006年9月の鉱区申請件数は前年同期比32.2%増の488件となり、1月~9月の累計では、前年同期比0.7%増の5,088件と依然、探鉱投資意欲が拡大傾向にあることが明らかになった。この9か月間で鉱区申請件数が最も多かった県はリマ県で469件、次いで、カハマルカ県の451件、プーノ県の429件となっている。9月末時点でのペルー全体の鉱区件数は28,084件で面積は国土全体の約9%にあたる12百万haとなっている。

ページトップへ