閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2006年10月24日 サンティアゴ 中山 健

ブラジル・ゴイアス州ラテライトニッケルプロジェクト、カナダのジュニアカンパニーが探査結果を発表

 10月18日カナダのジュニアカンパニーであるInternational Nickel Venture社(INV)は、ブラジル・ゴイアス州でTeck Comincoと共同で実施しているSanta FeおよびIporaラテライトニッケル探鉱プロジェクトの探査成果を発表した。今期は9月に38,300mのボーリングが終了、更に6,900mの追加ボーリングを実施していたもので、その中間結果を併せて公表した。それによると、Santa Fe地区では、10km×5km以内の広がりと1.0%以上のニッケル含有量を有する4ブロックを抽出した。主なボーリングの着鉱状況は、幅6.92m、ニッケル2.22%、鉄14.8%、幅8.0m、ニッケル1.98%、鉄24.5%ほかである。Ipora地区では、2.1km2の範囲において幅10.8m、ニッケル1.70%、鉄31.3%、幅10.8m、ニッケル1.62%、鉄32.2%ほかを捕捉した。両社は、これまで既に4,100孔、55,000mのボーリングを実施しており、2006年2月にINVは推定資源量63.4百万t、ニッケル品位1.41%を捕捉していると発表している。2005年6月にTeck Cominoとオプション契約を締結し、Teck Comincoがオペレーターとなり、2005年4百万C$を投じて11,000mのボーリングを実施し、2006年は10百万C$を投じて38,300mのボーリングを計画している。

ページトップへ