閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年10月24日 北京 土屋春明

中国政府、中国企業によるアフリカ投資奨励

 安泰科等によれば、中国商務部の部長補佐である崇 泉氏は中国企業によるアフリカ投資を奨励するため10月16日の記者会見で次のように語った。
 アフリカは、中国企業にとって重要な投資先であり、中国政府にとっても投資を激励する重要な地域である。2000年に北京で開催された中国-アフリカ協力フォーラム以来、多くの中国企業がアフリカに注目している。中国企業がアフリカへ投資する理由は、次のとおりである。
 第1に中国とアフリカは、長い間良好な政治関係を築き、両国で投資協力に関する基盤整備を行った。第2に中国とアフリカは、資源、工業製品、マーケティング及び人材等の分野で相互に補完してきた。その結果として、中国企業にアフリカが多くの投資機会を提供している。第3に、中国企業は中国政府や国際支援団体による多くのアフリカ支援プロジェクトを実施してきている。これらのプロジェクトを通して、アフリカ諸国は中国企業を理解し、一方、中国企業はアフリカ諸国の政治、経済、文化、歴史及び市場についての情報を得ている。第4に、経済発展を目的として、アフリカ諸国は外資導入策を取り入れ、積極的に投資環境を整備し、中国企業に条件の良い投資案件を提供してくれている。
 中国政府は中国企業のアフリカ進出を今後も奨励し、アフリカで多種多様な経済協力を展開していく。

ページトップへ