閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年10月27日 シドニー 久保田博志

Zinifex社、生産大幅減少の2006年9月末四半期報告を発表

 Zinifex Limited(本社メルボルン、以下Zinifex社)は、10月26日、9月末四半期報告において、Century亜鉛・鉛鉱山(クィーンズランド州)とPort Pirie精錬所(南オーストラリア州)でのメンテナンスのための一時的な操業停止が影響して亜鉛地金を除いて大きく生産減少となったことを明らかにした。
 Century亜鉛・鉛鉱山は、品位の低下に加え、14日間(同鉱山操業以来の長期間)のメンテナンスのための操業停止を行ったことから、亜鉛精鉱生産(金属純分量)は対前年同期9.2%減少の114,526t、鉛精鉱生産(同)は同60.7%減少の12,396tであった。
 Port Pirie精錬所は20年に一度の大規模なメンテナンスのため、亜鉛地金生産は対前年同期50.3%減少の24,476t、鉛地金生産は同37.2%減少の6,330tであった。
 Zinifex社全体の亜鉛と鉛の総生産量(精鉱中の金属純分及び地金生産量)は、対前年同期12.5%減少の343,250tとなった。

ページトップへ