閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2006年10月30日 ロンドン 高橋健一

マダガスカル・Ambatovyニッケル・プロジェクトへ韓国企業コンソーシアム参入

 各社報道によれば、10月30日、韓国国営企業である韓国資源公社(Korea Resources Corporation:KORES)を中心とする同国企業コンソーシアムは、マダガスカルAmbatovyニッケル・プロジェクトへ参入することを発表した。同コンソーシアムは、プロジェクトへ11億US$の投資を行い、権益27.5%を取得し、ニッケル生産量の50%を買い取る権利を獲得する予定であるとしている。コンソーシアムへの参加企業は、韓国資源公社の他、Daewoo International社、Keangnam Enterprises社、STX社の4社である。同コンソーシアム参加後には、既権益者であるDynatec社(加)が40%、住友商事が27.5%の権益となる。
 これまでのDynatec社の発表では、2005年12月のImplats社(南ア)の同プロジェクトからの撤退の後、他のパートナーとの参入交渉を行っているとしていたもの。また、今年5月に発表された同プロジェクトのFS結果は、以下のとおりであった。
・年間生産能力:ニッケル60千t(LMEグレード)、コバルト5.6千t
・確定及び推定埋蔵量125百万t、ニッケル品位1.04%、コバルト品位0.099%、ニッケル・カットオフ品位0.8%
・プロジェクト期間27年

ページトップへ