閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年10月31日 サンティアゴ 中山 健

チリ鉱山公社(ENAMI)、第IV州Deltaに選鉱およびSX-EWプラント建設

 10月25日付け地元紙等によると、チリ鉱山公社(ENAMI)はチリ第IV州Ovalleの北15kmのDeltaに選鉱およびSX-EWプラント建設を決定した。月産6万tの選鉱プラントと月産200tのSX-EWプラントが建設するもので2つのプラント建設費用は38.8百万US$、全額自己資金で賄われることになっている。同プラントへの鉱石は近隣のPanulcillo鉱床(酸化鉄銅金鉱床)からプラント処理能力の約80%を残りの20%を近隣の中小鉱山から供給する計画である。チリ鉱山公社はかねてから同地に選鉱およびSX-EWプラント建設計画を持っていたが、多額の負債を抱えていたことから遅れていた。Ventanas製錬所のCODELCOへの売却が終了し、また昨今の銅価格の高騰から建設を決定したものと思われる。

ページトップへ