閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年11月1日 バンクーバー 大野隆幸  2006. 11. 1 バンクーバー 室井エリサ

CVRD社CEO、カナダでの事業拡大の可能性について語る

カナダInco社株を75%以上獲得して事実上Inco社の経営権を得たブラジルの鉄鉱石最大手CVRD社のCEO Roger Agenelli氏がInco社CEO Scott Hand氏と共に10月25日トロントで記者会見に臨んだ。Falconbridge社を買収したスイスのXstrata社とのSudbruy地域におけるジョイントベンチャーの可能性が注目されている中、Agenelli氏は「両社にとってジョイントベンチャーは確かに賢明な策ではあるが、慎重な対応が必要でその結論を出すには時期尚早だ」と述べた。 鉄鉱石生産で世界一位のCVRD社はInco社の買収によりニッケル生産会社としても世界第2位の地位を得たこととなるが、Agenelli氏はダイアモンドやエネルギー資源など他の資源事業にも積極的に投資を行うことで、カナダでの同社の存在をより大きくしていきたい意向を示した。今後、オイルサンドや銅やニッケルなどのベースメタルの探鉱事業への投資の可能性も示唆するなど、巨大化する非鉄メージャーの今後を占なう上で興味深い会見となった。

ページトップへ