閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年11月2日 シドニー 久保田博志

フィリピン・Tampakan銅・金プロジェクト(1) -Xstrataが資金投入-

 Xstrata Queensland Limited(スイス資本、以下Xstrata)は、11月1日、Indophil Resources NL社(本社メルボルン、以下Indophil社)の保有するフィリピンTampakan銅・金プロジェクトへ資金投入すると発表した。
 Xstrataは同プロジェクトのオプション権(権益62.5%取得)を保有しており、この資金投入はオプション権を行使するか否かを決定するためのもの。Indophil社による同プロジェクトのプレF/Sは2006年9月に終了しており、その報告書は既にXstrataに送られている。Xstrataは、2007年12月末までに結論を出すとしている。この作業に投じられる費用は約27百万A$と見られている。
 プレF/Sによると、Tampakanプロジェクトは、資源量19.7億t・銅品位0.59%・金品位0.23g/t、露天採掘で、鉱山寿命は25年以上、当初10年間の生産量は、銅21万t(精鉱中の金属含有量)、同金21.8万oz、直接開発費1,386百万US$とされている。

ページトップへ