閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年11月7日 サンティアゴ 平井浩二

Antofagasta Plc、2006年第3四半期の銅生産量は前年同期比9.0%増の126.4千t

 10月31日付けAntofagasta Plc.社の発表によれば、同社の2006年第3四半期の銅生産量は前年同期比9.0%増、前期比25.3%増の126.4千tとなった。しかしながら第3四半期までの9か月間の累計は前年同期比2.65%減の334.3千tであった。モリブデンの生産量は前年同期比45.0%増、前期比38.1%増の2.9千tを記録した。
 Los Pelambres鉱山の銅生産量は前年同期比9.6%増の88.8千t、El Tesoro鉱山の銅生産量は前年同期比7.9%増の25.9千t、Michilla鉱山の銅生産量は前年同期比5.4%増の11.7千tとなった。
 グループのキャッシュコストはモリブデンのバイプロダクションクレジットにより、2006年第2四半期の43.9¢/lbから12.5¢/lb減少し、31.4¢/lbとなった。

ページトップへ