閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年11月7日 サンティアゴ 中山 健

チリ・2006年銅生産量は前年比1.5%増の540万tの見込み

 10月30日COCHILCO(チリ銅委員会)は、「銅地金市場」に関するレポートを公表した。そのなかで2006年チリの銅生産量は2005年比1.5%(78,000t)増の540万tになるだろうと発表した。この数字は2006年7月に発表した545万tよりも5千t低い値となった。鉱山別生産量見込みは別表参照。
 COCHILCOによると、世界最大の銅生産量を誇るCODELCOは、年初から2005年に比べ減産することが予想されていたが、更に2006年7月に発生した鉱石運搬用トンネルの落盤事故といったマイナス要因が加わり、前年に比べ66,000t減の166万tになる見込みとなった。事業所別ではCODELCO Norteディビジョンが93.8万t、El Salvadorディビジョンが7.6万t、Andinaディビジョンが22.6万t、El Tenienteディビジョンが42.2万tになると見込まれている。また2007年にはCODELCO全体で165万t、2008年には177万tになると予測されている。現在開発中のGaby鉱床は2008年から本格操業に入り15万t/年の生産が計画されている。
 また、Escondida鉱山の2006年の生産量は前年より5.3万t多い133万tに、またCollahiasi鉱山は3.2万t多い45.9万tに、Los Pelambres鉱山は1.5万t少ない319万tなるものと見込まれている。

単位:t
鉱山名
2005年
2006年(見込み)
2007年(見込み)
2008年(見込み)
生産量
増減
生産量
増減
生産量
増減
生産量
増減
Codelco Chile
1,728
-5
1,662
-66
1,652
-10
1,771
119
Codelco Norte
965
-18
938
-27
922
-16
928
6
El Salvador
78
3
76
-2
79
3
79
0
Andina
248
8
226
-22
232
6
265
33
El Teniente
437
2
422
-15
419
-3
434
15
Gaby
65
65
Candelaria
163
-37
185
22
184
-1
184
0
Cerro Colorado
91
-29
118
27
120
2
120
0
Collahuasi
427
-54
459
32
463
4
568
105
Sur Andes
293
-8
298
5
316
18
286
-30
El Abra
211
-7
208
-3
181
-27
185
4
El Tesoro
98
0
92
-6
89
-3
87
-2
Escondida
1,272
77
1,325
53
1,500
175
1,480
-20
Spence
150
150
180
30
Lomas Bayas
63
1
63
0
60
-3
60
0
Los Pelambres
334
-29
319
-15
315
-4
345
30
Mantos Blancos
150
-5
43
-107
45
2
45
0
Michilla
47
-3
47
0
44
-3
40
-4
Quebrada Blanca
81
5
81
0
75
-6
75
0
Zaldivar
123
-24
143
20
142
-1
138
-4
Others
240
26
356
116
366
10
375
9
合計
5,321
-92
5,399
78
5,702
303
5,939
237
 
-1.7%
+1.5%
+5.6%
+4.2%
ページトップへ