閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2006年11月7日 シドニー 永井正博

PNG・Ramuニッケルプロジェクト正式認可

 Highland Pacific Ltd.(本社ポートモレスビー、以下Highland社)は、PNGのRamuプロジェクトが、Michael Somare首相のもと正式に認可されており、2009年に生産開始予定で、投資コストは800百万US$であると公表した。
 Ramuニッケルプロジェクトは、中国冶金建設集団公司(China Metallurgical Construction Corporation:MCC)が85%、Highlands社が8.56%、残りの権益を地元の土地所有者が所有しているJVで、資源量は143百万t(Ni品位1.01%、Co品位0.10%)と予想されている。年間金属生産量は、ニッケル32,800t、コバルト3,200tが計画されている。鉱山寿命は20年の見込み。鉱山アクセス道路と埠頭の建設は始まっており、鉱山のインフラ建設は2007年4月に開始される。
 本プロジェクトには、中国Jinlin Nickel Industry GroupがMCCとのコンソーシアムによって参加し、金川集団有限公司(Jinchuan Group)もコンソーシアム参加に向けて交渉中である。

ページトップへ