閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年11月9日 シドニー 久保田博志

豪州・Leighton Holdings Limited、2006年9月末四半期報告

 建設・コントラクトマイニング大手のLeighton Holdings Limited(本社シドニー)は、11月9日、2006年9月末四半期報告において税引き後利益67.7百万A$(対前期34%増加)、総収入28.6億A$(対前期22%増加)と好調な業績であることを発表した。
 同社の好調な業績の主たる要因は、インフラストラクチャー関連の大規模工事を受注したことなどがあげられている。また、鉱業関係では、Oxiana Limited(本社メルボルン)のProminent Hill銅・金鉱山(南オーストラリア州)の開発とコントラクトマイニング(剥土量153百万t、鉱石採掘量38百万t、採掘期間6年以上、契約総額約800百万A$、契約はグループ企業のThiess Pty Ltd.)などがある。

ページトップへ