閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2006年11月13日 シドニー 永井正博

豪州・南オーストラリア州・Parkinson Damプロジェクト、豪州・Tasman社が高品位鉛・亜鉛鉱化帯捕捉

 Tasman Resources NL社(本社パース、以下Tasman社)は、南オーストラリア州のPort Pirie鉛製錬所から60km西に位置するParkinson Damプロジェクトのボーリングで高品位の鉛・亜鉛の鉱化作用を捕捉したことを公表した。
 Tasman社は、Parkinson Damプロジェクトの最初のコアボーリングで、コア長1,66m、品位、鉛7.6%、亜鉛10.5%、銅0.4%、金1.20g/t、銀120g/tの鉱化帯を捕捉した。
 Tasman社は、ほかの2本のボーリングの分析結果を待っているところであるが、この結果に気をよくしており、北に広がっている約3km2の鉱化作用が見込める地域での探査が期待できるとしている。

ページトップへ