閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2006年11月14日 北京 土屋春明

PNG・Ramuニッケルプロジェクト、鉱山建設開始

 安泰科によれば、11月3日パプア・ニュー・ギニアにおいてラム(Ramu)ニッケル・コバルト鉱山プロジェクトの着工式が行われた。中国冶金建設集団公司が投資した本プロジェクトはパプア・ニュー・ギニアにおける最大の投資案件であり、中国企業が投資した世界最大の金属資源開発プロジェクトである。総投資額は8億US$で、中国冶金建設集団公司が権益の85%を所有する。
 建設スケジュールは3年間で、操業は2009年に開始され、鉱山は年間33,000t(金属量)のニッケルと3,000t(金属量)のコバルトを生産する予定である。

ページトップへ