閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年11月15日 シドニー 永井正博

Globe社、アフリカMalawiでウラン鉱床発見

 Globe Uranium社(本社パース、以下Globe社)は、南東アフリカMalawiのKanyikaプロジェクトでこれまで未開発のウラン鉱床を発見したと公表した。Globe社は、幅350m、2.5km以上にわたる地域での強いウランのアノーマリーを報告している。採取されたサンプルは、土壌で482ppm U3O8、岩石で1,056ppm(0.11% U3O8)。うち2つの岩石サンプルは2,909ppm(0.29% U3O8)と2,645ppm(0.26% U3O8)であった。Globe社のMark Sumich社長は、この結果はMalawiでの探鉱を継続するという会社の決定を確実なものとしたと述べ、トレンチ、詳細なマッピング、サンプル採取、高品位ゾーンでのボーリング調査を計画している。

ページトップへ