閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年11月20日 ロンドン 高橋健一

ナミビア・鉱産物ロイヤルティ税率引き下げ

 報道各社によれば、ナミビア政府が、かねてより見直しを検討していた鉱産物ロイヤルティ税率について、新たな税率を発表し、税率が引き下げとなったことを報じた。新税率は以下のとおりであり、売上に対し課税され、11月分から適用される。
・貴金属、ベースメタル、レアメタル、燃料資源(核燃料資源を除く):3%
・半加工貴石、核燃料資源、工業用鉱物:2%
 今回、ダイヤモンドに対する税率はまだ発表されていないが、これまでの税率は、半加工貴石10%、その他5%となっていた。同国においては、生産者側が、それまでの高税率が企業の収益を悪化させるとし、政府に対し税率の引き下げを要求していたが、今回の政府の決定は、それが反映されたものであると、報じている。

ページトップへ