閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2006年11月23日 シドニー 永井正博

豪州・Cazaly社、Shovelanna鉄鉱区問題で西オーストラリア州首相と資源大臣の証人申請

 地元紙等によると西オーストラリア州Shovelanna鉄鉱区の帰属を巡るCazaly Resources社(本社パース、以下Cazaly社)とRio Tintoの裁判で、Cazaly社は西オーストラリア州政府のAlan Carpenter首相とJohn Bowler資源大臣の証人申請を行った。両者は、2007年3月の西オーストラリア州のCourt of Appealで証人としての出席を求められる。
 資源大臣は、2006年4月にShovelanna鉄鉱区は、Rio Tintoのものであると決定を下した。また、Cazaly社は2週間前にRio Tintoのロンドン本社のCEO Leigh Clifford氏の証人申請も行った。資源大臣が決定を下す前にAlan Carpenter首相とLeigh Clifford氏がロンドンで会談を行ったことが取り沙汰されている。

ページトップへ