閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年11月24日 シドニー 久保田博志

フィジー・Vatukoula金鉱山、Emperor社(豪)が操業再開

 Emperor Mines Ltd.(本社クィーンズランド州)は、11月14日、Vatukoula金鉱山(フィジー)で発生したPhilip立坑の事故で停止していた同立坑での操業を再開したと発表した。
 Philip立坑の事故は、10月14日、定期点検の際にケージ(Skip-cage)が約900m落下したもので、坑内深部の発電・水系統の設備がダメージを受けたため、同立坑での操業が停止していた。同立坑からの生産はVatukoula金鉱山の全生産の50%、同社の金生産量の25%にあたることから、同社の金生産量に大きな影響を与えた。

ページトップへ