閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年11月28日 ジャカルタ 池田 肇

Freeport-McMoRan Copper & Gold、Phelps DodgeのClimaxモリブデン鉱山を再開

 地元紙等によればFreeport-McMoRan Copper & Gold社は11月21日、経営統合するPhelps Dodge社が長期休止しているコロラド州LeadvilleのClimaxモリブデン鉱山の生産再開計画を進める方針と明らかにした。
 Freeport社は、経営統合後もPD社の現状や既に実施中の事業に支障を与えるようなことはしないとしており、Climaxモリブデン鉱山の操業再開は基本計画通りに実施させる方針である。同鉱山は1995年から休止しており、現在、生産再開に向けたフィージビリティ・スタディを進めている。生産再開には選鉱場の新設などで2億5,000万US$の投資が必要で、2009年後半から生産を再開させる予定である。生産再開後は、モリブデン相場がポンド当たり25US$以上を堅持している場合、同精鉱を年産2,000万-3,000万lb生産する予定である。

ページトップへ