閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年11月28日 北京 土屋春明

中国・徳興銅鉱山で江西銅業集団とカナダのBQEV社とが鉱山排水からの銅回収プラント建設

 安泰科によれば、11月14日、江西銅業集団は、カナダのBQEV社と徳興銅鉱山で鉱山排水から銅を回収するプラント建設の契約を締結した。両社はプラントを操業するJVを設立し、その権益をそれぞれが50%所有する。本プロジェクトへの投資額は、28百万元で、プラントは1日24,000m3の排水(鉱山からの排水量の2/3に相当)を処理し、年間500-2,200tの銅を回収する。プラントは計画では2007年の7月より運転を開始する。
 調印式で江西銅業集団の何総経理とBQEV社社長Brad Marchant氏は、中国鉱業界では環境保護により多くの注意が払われており、JVの設立は環境対策を更に推進するものと期待していると述べた。BQEV社はカナダの上場企業で酸性排水の処理技術の開発と応用に特徴を持つ会社である。同社の技術は世界の多くの著名な鉱山で使用されている。

ページトップへ